イベント・催し物の周知に欠かせないフライヤー印刷は専門店で

興味を引くフライヤーを作るために

デザインの決め方

カラーインク

フライヤー印刷どころかデータを作るのも初めて、という人にとってデザインを決めていくと言うのは最初の難関だと言えます。ですが、テンプレートを使いながらなら初めての人でも簡単にイメージに沿ったデザインを作ることができます。

詳細を確認する

部数の決め方

大判印刷

デザインができたら次は何部注文するか、肝心の部数を考えなくてはなりません。初めてのフライヤー印刷だからこそ、その加減や程度が今一つ掴めないこともあり、そして出来れば失敗したくないと思うものです。

詳細を確認する

注文のタイミング

チラシ

急ぎでも急ぎでなくとも、フライヤー印刷は早め早めに注文しておくに越したことはありません。すぐに納品して欲しい時、少しでも安く費用を抑えたい時などは特に早ければ早いほど良しとされます。

詳細を確認する

初めて作る時は

イベントや催し物を開催する、となった際に必要となるフライヤー、一体どうやって作れば良いのか、世間のイベンターさんたちはどうやって用意しているのか、と疑問に思わずにはいられないものです。
特に初めて必要とする場合、どういった形で準備するのが一番スマートなのか、無駄がないのか見当がつかず、容易に手間取ることも少なくありません。
フライヤー印刷は機材が揃っていれば自分で作ることも出来ますが、プリンターそのものが家やオフィスになかったり、あったとしても高品質なカラー印刷に向いていない、インクの消耗が激しい、なんて場合は専門店に依頼して作ってもらった方が安くつくだけでなく確実な仕上がりを期待することができると言えるでしょう。
専門店ではちょっとしたものから大々的なものまで、頼めばすぐに形にしてくれ、あっという間に納品してくれます。
イベントや催し物の開催自体初めてでスケジュールが押し気味になってしまい、フライヤーの準備が後回しになり、そして今すぐにでも現物を用意しないt配布している間がない、と言った切羽詰まった時でさえ、専門店はしっかりサポートして、条件さえそろえば即日発送してくれたりもするほどです。
専門店の利用は少しハードルが高い様に感じられるかも知れませんが、お店、会社はもちろんのこと、一般での利用もできるので、気軽に頼ることができます。
こんなイベントや催し物があるのだと知ってもらうために欠かせないフライヤーは、こういった専門店を上手く活用して行きましょう。

注文時に希望すれば

色見本

実際に出来上がった配る分とは別に、手元にサンプルを残しておきたいということもあるかと思います。事前に希望しておけば別途数枚サンプルをつけてくれるところもあるので、フライヤー印刷の注文の際に忘れず希望しておきましょう。

一度利用してみると

チラシを大量に印刷する

初めてのフライヤー印刷というのは戸惑うことも多いですが、手順や準備に慣れてくれば、以降はすっと注文できるようになってくるものです。また、作ってみることで次のフライヤー案が湧いてくることもあります。

Copyright(c) 2015 イベント・催し物の周知に欠かせないフライヤー印刷は専門店で. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com